M&Aのメリットが詰まっている|知っていて損無し

メンズ

互いの弱点を補う

ビル

買収する側にメリットがあるM&Aは、特に事業に新規参入するときに行われます。すでに事業に着手している企業を買収することでリスク回避ができるのです。しかし、一方で買収された会社も、そのまま事業を継続できるメリットがあります。

もっと詳しく

業務のさらなる発展のため

男の人

規模の拡大を目指せます

会社を発展させるため、業務の規模を拡大したいと考えることは会社の将来のために大切なことです。業務の拡大をするための方法にはいくつかの選択肢がありますが、M&Aを利用して業務を拡大するという方法を選ぶ会社も多くなっています。例えばスーパーがM&Aを行うことによって、子会社化したスーパーのお店も一気に酸化に入れられます。そうすることによって、一気に業界シェアを増やせるのがM&Aのメリットとなります。新規で新たなお店をオープンさせるのには準備に時間がかかりますが、子会社化することで、すでにあるお店を傘下に入れることになるため、新規オープンよりも準備にかける時間が少ないということもメリットの1つです。

弱い部門を拡大できる

M&Aのメリットは、業務を拡大するということだけではありません。会社の弱みを補強するという意味でも、M&Aのシステムを活用することが可能です。例えばスーパーのプライベートブランドでパン部門が弱いという会社であれば、パン部門に強みを持つスーパーもしくは、パン屋を買収するのも1つの手です。自社の弱みが強みである会社を買収して、弱みを強みに変えることによって、会社の発展につながります。M&Aを計画している場合には、会社の強みを強化するのか、弱みを補強するのか、今の会社の状況を考えて決めるようにしましょう。投資した額を無駄にしないようにするためにも、メリットをどこまで活かせるのか、試算をしっかりと行うことが大切です。

低リスクで事業を拡大する

男性

M&Aとは、企業同士が統合したり、一方が他方を買収したりする経営戦略のことをいいます。規模の拡大・多角化・資本強化・事業承継問題の解決など、双方の企業にメリットをもたらします。株式譲渡や合併など、何通りかのやり方があります。

もっと詳しく

買収されることで経営安定

レディー

倒産は会社にとって避けたいものですが、一度経営が傾くと突破口が無い限り段々と消耗していくものです。そのようなときの解決策の一つがM&Aによる売却です。メリットとしては売却により現金を得る事もできますし、事業承継をすれば社員の生活を守ることも可能となります。

もっと詳しく