低リスクで事業を拡大する|M&Aのメリットが詰まっている|知っていて損無し

M&Aのメリットが詰まっている|知っていて損無し

ウーマン

低リスクで事業を拡大する

男性

時間と手間を節約

企業の活性化や事業の拡大を目指す方法にはさまざまな種類がありますが、その1つがM&Aです。M&AはMergers & Acquisitionsという英語の略語です。日本語に訳せば合併と買収という意味になります。つまり、企業同士を統合したり、ある企業が別の企業の株式や権利等を買い取ったりして、経営形態を変えながら事業を継続することをいいます。新たな事業を自前で立ち上げる場合、それを軌道に乗せるには時間がかかります。市場調査を行い、必要な人員を雇い入れ、顧客の信頼を得るまでには長期にわたる経営努力が必要であり、失敗のリスクもあります。しかし、すでに市場で一定の評価を得ている企業の権益をM&Aによって手に入れることができれば、時間をかけずに低リスクで事業の拡大を図ることが可能になります。

さまざまな効果をもたらす

M&Aは事業を譲り受ける側だけでなく、譲り渡す側にもメリットがあります。まず、譲渡先企業から資本の注入が行われることによって、経営の安定化を図ることができます。これは経営陣のみならず、従業員にも安心というメリットをもたらします。さらに、保有株式を現金で買い取ってもらうことで、創業者利益を実現することができるというのもメリットの1つです。また、M&Aが事業承継問題の解決に利用されることもあります。適当な後継者が見つからないが、かといって廃業することもできないといった場合に、M&Aによって経営権を移動させることで、事業を継続することを可能にします。M&Aの具体的な手法には、株式の譲渡・交換・第三者割当増資・事業のみの譲渡などいくつかの種類があります。実施後のメリットを最大のものにするためには、最適な手法を選択する必要があります。